初めてでも安心なボトックス注射BEST5 名古屋編
名古屋でボトックス注射するならココで » ボトックス注射を失敗しないための基礎知識 » ボトックス注射と塗るボトックスの効果や成分の違いを解説

ボトックス注射と塗るボトックスの効果や成分の違いを解説

効果が緩やかな塗るボトックス

塗るボトックスは、主に「アルジルリン」と「シンエイク」という成分に分類されます。

「アルジルリン」は、ボトックス注射と同様に筋肉の動き、緊張を緩める働きがあります。

これはボトックス注射が禁止されている国で、ボトックス注射の代用として使用されている成分で、ボトックス注射よりも効果は緩やかです。

また、アレルギー反応もほとんどなく、肌が弱い方でも使いやすいのが特徴です。

次に「シンエイク」は、蛇の毒の成分を人工的に作り出したもので、蛇が獲物を捕獲するときに麻痺させる毒に着目して作られた成分です。

こちらもアルジルリンと同様に筋肉の動きを抑える効果があります。

筋肉に直接作用してくれるボトックス注射

ボトックス注射は、筋肉に注射し、緊張を和らげてくれる効果があります。

そのため、表情によってできるシワにも効果的で、筋肉のハリを抑えてくれるのでエラが気になる方や脇の下に打てば多汗症にも効果があると言われています。

ボトックス注射は、注射後の腫れや痛みも少なく、手術をするよりも気軽に施術を受けることができるのも人気の理由のひとつです。

効果は、ボトックス注射を打ってから数日から1週間以内には表れるので、肌のハリやシワの減少にすぐ気づくことができるでしょう。

また、その効果は時間が経つにつれ緩やかになるものの数ヶ月から1年程度続く場合が多いです。

注入する量や筋肉の質などによって持続時間が違うので、医師を相談してよく考えてから受ける必要があります。

ボトックス注射と塗るボトックスは効果が違う

一口にボトックスと言っても、ボトックス注射は「菌から成分を取り出したもの」塗るボトックスは「人工的に作られた成分」という違いがあります。

一般的に、即効性があるのは、ボトックス注射と言われていて、一度の施術で持続時間が長いのも特徴です。

一方で、塗るボトックスは、ボトックス注射よりは効果はかなり緩やかなものと考えておいていいでしょう。

肌表面にしか浸透しないので、筋肉に直接作用してくれるわけではないのも特徴です。

主に、化粧品やスキンケアアイテムに配合されていることも多いので、本格的に治療するというよりは、スキンケアの一環としてシワを予防するといった目的で使用することをおすすめします。

シワを改善したいならボトックス注射を受けよう

塗るボトックスは、ボトックス注射のように痛みや副作用が心配という方にとっては魅力的に思えるのですが、その効果はボトックス注射よりも弱く、人によってはその効果を実感できないこともあります。

そのため、塗るボトックスと呼ばれる成分が配合されている化粧品を使い続けるより、一度ボトックス注射を受ける方が効果にも即効性がありコスパがいい場合もあります。

ボトックス注射を取り扱っている美容クリニックは非常に多いため、気軽に相談することができます。

持続時間も永久的ではないものの、数ヶ月に一度クリニックに通うだけでいいのも魅力的です。

名古屋でボトックス注射ができるクリニックの実力を分析!

初めてでも安心なボトックス注射名古屋 サイドの画像

ランキングからPickUp!

表参道スキンクリニック
名古屋院

ボトックスのパイオニア的存在のドクターがいる「表参道スキンクリニック名古屋院」で、額・眉間目じりのボトックスが初回限定で15,000円と、お得です。

詳細はコチラ

サイトマップ
 
初めてでも安心なボトックス注射BEST5 名古屋編