初めてでも安心なボトックス注射BEST5 名古屋編

失敗・副作用ってあるの?

ボトックス注射の気になる副作用や失敗例について解説します。

ボトックス注射の失敗例・副作用とは

効果が高いぶん修正が難しいボトックス注射は、副作用や失敗がないか気になるところです。実際、「施術後に顔が変わった」などの事例も報告されています。

せっかくボトックス注射を打ったのに、失敗してしまった!という思いはしたくありませんよね、

ここでは、よくある副作用や失敗のケースを部位ごとにまとめ、失敗や副作用を防ぐためのポイントをお教えします。

ボトックス注射 失敗・副作用 ~しわ~

注射をする場所や注入量が適切でないと、表情が全く変わってしまうこともあり得ます。

具体的には患部付近の筋力低下が強く出てしまい、頬や目尻をうまく動かすことができなくなります。結果、仮面のような無表情になってしまうことも…。

また、おでこ目のまわりのシワを治療した場合、濃度が適切でないと薬剤が下へいき、まぶたが垂れ下がるケースも報告されています。

ボトックス注射 失敗・副作用 ~エラ~

顎に力は入りづらくなるなどの副作用が報告されています。ただし一時的な副作用なので、数日間で解消するようです。

失敗例としては、筋肉量を減らしすぎて逆にエラ骨が目立ってしまったということも報告されています。

ボトックス注射 失敗・副作用 ~ふくらはぎ~

美脚効果を得られるふくらはぎボトックス注射。ふくらはぎの筋肉を麻痺させるため、足の倦怠感や痺れといった副作用が出ることがあります。

また、施術後に足の筋肉を駆使する動きをすると効果が薄れてしまいます。

求めるポイントは高度な技術と経験

このようにボトックス注射にはコワイ話も報告されていますが、全てのボトックス注射でこのような副作用がおこる訳ではありません。大抵の原因は、濃度や量を間違って注入した場合、質の悪い製剤を使用した場合です。

失敗を避けるために一番大事なのは、ドクターやクリニック選びに気を付けることです。ボトックスは濃度や量がとても重要なので、高度な技術や経験が求められるからです。

安心・安全No.1のクリニックはここ!
名古屋のボトックス注射クリニックランキング

 
初めてでも安心なボトックス注射BEST5 名古屋編